自社サービス

LINEで送る

■ インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティング

Webユーザーが利用しているブログやSNS、動画などを活用し、自社ウェブサイトへの入口の多角化展開をする、Webサービスやツールを使った新しいマーケティング手法です。

インバウンドマーケティングが必要なわけ

インバウンドマーケティングは現在のWeb戦略には欠かせない施策の一つとなってきています。

現在のインターネット上にはウェブサイト(ホームページ)が溢れており、自社サイトを作っただけでは目につくことすら難しい状況になってきています。

そこで、リスティング広告やSEO対策などの施策を行い、自社のサイトをライバル会社のサイトより、検索結果をより上位にしできるだけアクセスを増やす、このようなことが行われてきました。

しかし、検索上位は今でも非常に有効な手段の一つではあるのですが、スマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスやどこでもネット接続できる通信環境、手軽に情報を発信できるSNSなどの普及に伴い、もはやパソコンからの検索結果に頼る時代ではなくなってきているのです。

そこで、基本情報や見てもらいたい商品が掲載されている自社のウェブサイトへは、検索上位から入るユーザーだけをターゲットにするのではなく、インターネット上でユーザーが実際利用している様々なツール・サービスへ自社の情報を発信し、ウェブサイトへの流入を増やすことが非常に重要になってきています。


ただ存在するだけのホームページになっていませんか

ウェブサイトのスマートフォン対応のニュース※は話題になりましたが、ウェブサイトの基本的な構造やコンテンツの充実は未だ重要な要素です。
ただ、いくらウェブサイトにすばらしい情報が掲載されていてもユーザーに見てもらえなければ意味がありません。

どうすればいいか。

今一度、費用をかけて作ったウェブサイトを活用してみませんか。

(参考記事)
※あなたのECサイト、4月以降検索順位落ちるかも 「モバイルフレンドリー」かチェックする方法|ECzine(イーシージン) http://eczine.jp/article/detail/1748


成功事例

「インバウンドマーケティング 成功事例」で検索してみてください。
ブログやSNS、動画など方法は様々ですが、お問い合わせが30→150、ページビューの激増など多数の成功事例が紹介されています。

しかし、業種や商品形態によって施策方法は様々でどれが成功する一つとなるかはなかなか難しいところでもあります。

同じく、ツールやサービスの特性や効果を熟知することも、常にウェブに関わることがないと難しいかもしれません。


ただ、今、インターネットユーザーを取りこぼしているようなら、最新のインバウンドマーケティングにできるだけ早く着手する必要があります。


最新のウェブ動向を知る制作会社だからこそできるサポート

前項にも記述した最新のウェブツールやサービスを知らなければなかなか難しいインバウンドマーケティングですが、ウェブノートは常にWebと関わっているウェブ制作会社です。

実際の効果測定結果や事例から、ツールやサービスの挙動や特性を把握しており、お客様には最適なご提案をさせていただいております。

何をどのように使うか、どのような情報を発信するか、どのような効果を見込むか、ぜひウェブノートへお気軽にご相談ください。





form_bn.fw.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

制作実績パートナー募集
広告代理店様/デザイン会社様向けWeb制作ビジネスパートナー募集
最新ネットサービスを提供